静岡県立大付属図書館で絵巻が一般公開されました

2019年10月30日に静岡県立大学付属図書館にて、ボストン美術館所蔵の歌川広重(保永堂版)東海道五拾三次を原寸大で絵巻化した「東海道五拾三次絵巻」のお披露目式が執り行われ、1階ロビーにて一般公開が始まりました。

展示では、画像のように現代の人が摺った浮世絵と並べて比較展示されています。

ボストン美術館では一切非公開となっており、初版を中心とした貴重なコレクションを忠実に再現しているため、東海道文化の資料としてもご活用頂けます。


<中日新聞ニュースに掲載されました>

https://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20191031/CK2019103102000020.html


※本絵巻のメイキング映像はこちら