第4回 街道交流会(岐阜:朝日大学)が開催されました


郵便創業150年を記念し、「第4回 街道交流会」が令和3年3月6日に朝日大学(岐阜県瑞穂市)にて、関係者のみの無観客で開催されました。

郵便は明治4年3月1日(1871年4月20日)の創業から今年は150年となります。

郵便事業は江戸幕府による宿駅伝馬制の「継飛脚」等に由来し、東海道57次を中心に、美濃路・名古屋宿と佐屋路4次の62宿場に郵便取扱所(後の郵便局)が置かれました。

街道交流会は、近年この宿場・街道が忘れられ始め、また歪んで伝承されることが多くなったことから、幕府街道施策等を正確に伝承することを願い開催されています。


※街道交流会の模様は、YouTube動画で放映しております。

※街道交流会の特設サイトはこちら https://www.seiundo.co/kaido


主催:東海道町民生活歴史館(東海道蒲原宿)、NPO生涯学習・健康福祉推進センター

共催:総務省、朝日大学

後援:岐阜県、岐阜市、瑞穂市、日本郵政株式会社、日本郵便株式会社、株式会社岐阜新聞社、株式会社岐阜放送


開催日時:2021年3月6日(土) 13:30~16:30

開催場所:朝日大学6号館2階6201講義室


(1) 開会の部 

・主催者あいさつ 小木曽 幸男(NPO法人生涯学習・健康福祉推進センター理事長)

・共催者あいさつ 大友 克之(朝日大学学長)

・来賓あいさつ  野田 聖子 様(衆議院議員、自由民主党幹事長代行、元総務大臣)

・宿場・街道・郵便創業等の伝承貢献者表彰


(2) 講演の部


・講演➀:江戸〜京・大坂の旅と通信を支えた【東海道57次、中山道67次と美濃路・佐屋路】

(60分)

 講師:志田 威(東海道町民生活歴史館館主・館長)


・講演➁:デジタルの進展と郵政事業の将来(20分)(ビデオメッセージ)

 講師:渋谷闘志彦(総務省郵便課長)


(3)街道・宿場・郵便関係発信コーナー(35分)

①美濃路     中野 正康(一宮市長)

②郵 便     片桐 尚人(岐阜加納西郵便局長)

③東海道・中山道 八杉 淳 (草津宿街道交流館長)(ビデオメッセージ)


(4)閉会あいさつ

・志田 威(東海道町民生活歴史館館主・館長、朝日大学客員教授)



<掲載メディア>

朝日新聞DIGITAL

https://www.asahi.com/articles/ASP366T2BP36OHGB004.html

第4回街道交流会メディア掲載情報



<AD>

世界初!原寸大再現 特殊美術印刷 ボストン美術館所蔵の非公開作品 

ベストオブベストセレクション

【歌川広重 保永堂版 東海道五拾三次絵巻(ボストン版)】


世界屈指のコレクションを誇るボストン美術館は、歌川広重の浮世絵版画『東海道五拾三次』に関しても、貴重な初版を中心に500点以上所蔵しており、世界一の浮世絵コレクションとして知られています。

本作品では、ボストン美術館浮世絵版画室長でキュレーターのセーラ・E・トンプソンさんが、保存状態を保つため美術館でも一般公開されていないビゲロー・コレクションやスポルディング・コレクションから作品を厳選しています。原本との色調整にも参加して頂き、越前鳥の子和紙を用いた完成度の高い原寸大での復刻を実現しました。

高度な最新印刷技術と日本の絵巻表装職人の技が融合し、全55点の浮世絵版画を連続した一枚の巻物にすることで、東海道を旅するように鑑賞することができる世界初の東海道五拾三次絵巻となっています。詳しくはこちら