第4回 街道交流会(岐阜:朝日大学)が開催されました


郵便創業150年を記念し、「第4回 街道交流会」が令和3年3月6日に朝日大学(岐阜県瑞穂市)にて、関係者のみの無観客で開催されました。

郵便は明治4年3月1日(1871年4月20日)の創業から今年は150年となります。

郵便事業は江戸幕府による宿駅伝馬制の「継飛脚」等に由来し、東海道57次を中心に、美濃路・名古屋宿と佐屋路4次の62宿場に郵便取扱所(後の郵便局)が置かれました。

街道交流会は、近年この宿場・街道が忘れられ始め、また歪んで伝承されることが多くなったことから、幕府街道施策等を正確に伝承することを願い開催されています。


※街道交流会の模様は、YouTube動画で放映しております。

※街道交流会の特設サイトはこちら https://www.seiundo.co/kaido


主催:東海道町民生活歴史館(東海道蒲原宿)、NPO生涯学習・健康福祉推進センター

共催:総務省、朝日大学

後援:岐阜県、岐阜市、瑞穂市、日本郵政株式会社、日本郵便株式会社、株式会社岐阜新聞社、株式会社岐阜放送


開催日時:2021年3月6日(土) 13:30~16:30

開催場所:朝日大学6号館2階6201講義室


(1) 開会の部 

・主催者あいさつ 小木曽 幸男(NPO法人生涯学習・健康福祉推進センター理事長)

・共催者あいさつ 大友 克之(朝日大学学長)

・来賓あいさつ  野田 聖子 様(衆議院議員、自由民主党幹事長代行、元総務大臣)

・宿場・街道・郵便創業等の伝承貢献者表彰


(2) 講演の部


・講演➀:江戸〜京・大坂の旅と通信を支えた【東海道57次、中山道67次と美濃路・佐屋路】

(60分)

 講師:志田 威(東海道町民生活歴史館館主・館長)


・講演➁:デジタルの進展と郵政事業の将来(20分)(ビデオメッセージ)

 講師:渋谷闘志彦(総務省郵便課長)


(3)街道・宿場・郵便関係発信コーナー(35分)

①美濃路     中野 正康(一宮市長)

②郵 便     片桐 尚人(岐阜加納西郵便局長)

③東海道・中山道 八杉 淳 (草津宿街道交流館長)(ビデオメッセージ)


(4)閉会あいさつ

・志田 威(東海道町民生活歴史館館主・館長、朝日大学客員教授)



<掲載メディア>

朝日新聞DIGITAL

https://www.asahi.com/articles/ASP366T2BP36OHGB004.html

第4回街道交流会で講演する志田威氏
第4回街道交流会メディア掲載情報