月間600万人へアプローチ!首都圏駅前スーパー店頭サイネージメディア「年度末早割キャンペーン企画」の割引プラン先行予約の受付について

コロナ禍における巣ごもり需要により、生活圏スーパーへの来店頻度が増加傾向です。

駅前×スーパーマーケットは幅広い広告ニーズを満たすロケーションとなっています。


店頭サイネージメディアは、駅改札前や駅前の店舗入口付近に多く設置されており、駅を利用する生活者に向けても日々、反復的な訴求が可能です。

本プランは、首都圏の電鉄系スーパーを中心としたスーパーマーケット店頭のデジタルサイネージメディアによる広告配信プランです。


買い物に訪れる多くの生活者に向けて、購買直前にリマインド、動機付け、ブランドスイッチを狙える広告とユーザーが接触するリーセンシーメディアです。


<想定アプローチ数(来客人数イメージ)> 合計104店舗 619万人

【Odakyu OX】5店舗 月間46万人

【京王ストア】15店舗 月間164万人

【相鉄ローゼン】35店舗 月間310万人

【東武ストア】37店舗 月間42万人

【リブレ京成】11店舗 月間55万人

【オオゼキ】1店舗 月間2万人



<特徴>

●エリアや店舗の指定(セグメント)が可能なので、地域コミュニティや地元企業の情報発信にも有効です。

●”映像”だけでなく”音声”による注目喚起が可能です。

●店舗取扱商品の広告に対してはPOSデータのレポートが可能です。


<2022年3月掲載分 早割キャンペーン受付中!>

2022年2月28日お申し込み受付分まで。

※受付可能数には限りがありますのでご容赦ください。


詳しくは下記よりお問い合わせください。