「東海道五十三次を歩く」自宅で鑑賞できる絵巻作品 

​【原寸大絵巻】

歌川広重「保永堂版」東海道五拾三次絵巻(ボストン版)

<世界初!原寸大再現!特殊美術印刷>

ボストン美術館所蔵非公開作品ベストオブベストセレクション

ボストン美術館が所蔵する一般公開が禁止されているビゲロー・コレクションやスポルディング・コレクションから作品から最高の保存状態のものを厳選して精密に復元しています。ボストン美術館の学芸員の方に原本との色調整にまで参加して頂き、日本が誇る伝統工芸技術と越前鳥の子和紙を用いて、非常に完成度の高い原寸大での復刻を実現しました。

高度な最新印刷技術と日本の絵巻表装職人の技を融合させ、全55点の浮世絵版画を連続した一枚の巻物にすることで、東海道を旅するように鑑賞できる世界初の東海道五拾三次絵巻となっています。

【こちず版】

東海道五十三次絵巻(完全版、東京・神奈川版、静岡版)

「東海道五十三次」と「東海木曽両道中懐宝図鑑」を掲載

江戸文化を代表する浮世絵と古地図を組み合わせ鑑賞できる、新しいタイプの浮世絵絵巻です。
浮世絵が表現する当時の流行や時代性、古地図に描かれたリアリティのある空間性、世界観を史実かつ詳細に語る解説を一度に体感できます。
訪日外国人向け、また、海外へ持って行くお土産としても最適な商品です。

<「こちず版」に関するご注意>

・「こちず版」の各絵巻は、上記のボストン版と異なり、浮世絵と古地図を併記しています。

・「こちず版」の浮世絵は現代の掘り師、擦り師が制作したもので原寸大ではありません

・「こちず版」では、時代背景や宿場の解説を日本語と英語で表記しています。

・「こちず版」は、古地図を彩色した図に、広重が描いたと推測される場所と目線方向が記されています。

​※下記の画像をクリックして頂くと各商品の購入ページとなります。「ボストン版」と「こちず版」がございますので、くれぐれもお間違いの無いようご注意ください。